リンスで白髪染め

白髪染めを選ぶなら頭皮や髪を傷めないものを選ぶ

白髪染めのメリット・デメリット

 

ヘアカラートリートメントとも呼ばれ、美容院で染めてもらう場合もありますが、白髪が目立つようになってきた方が、ご自宅で気軽に染められるものが主流です。

 

大掛かりな下準備や手間がいらず簡単で、一般的な色を明るくするタイプのヘアカラーと違い、トリートメント成分が配合されているためほとんどダメージがなく、白髪染めをしながらトリートメント効果も期待できるのがメリットです。

 

しかし、シャンプーなどで落ちてしまい、色持ちが1〜2週間と短く、週に何回か染めなくてはならず、あまり明るい色にできないのがデメリットと言えるでしょう。

 

頭皮を傷めない白髪染めを選ぶには

 

基本的には、頭皮にも優しい成分で出来ていますが、中には染める回数が少ない分刺激が強く、敏感肌の人では合わないものもあります。

 

成分が合わなくて頭皮が腫れてしまうと、頭皮だけでなく顔までパンパンに腫れて重症化するケースもありますので選び方は慎重にならなければなりません。

 

そういった場合は、やはり肌にあまり影響の少ないとされる天然由来の成分を配合しているものを選ぶのが良いでしょう。

 

また、元々アレルギー体質の方や過去に染料でかぶれたり症状が出た経験のある方は、白髪染めを試す前にパッチテストを行ってから使用するようにしましょう。

 

そして、もし何かしらの症状が出た場合は、直ちに専門医の下で、きちんとした治療を受けるようにしましょう。

 

髪は女の命ですが、それ以外の場所に良くない影響が出てからでは遅いです。安心で安全なものを使用して、美しい髪をキープできるように心がけましょう。