リンスで白髪染め

生え際をきれいに染める白髪染めの選び方

伸びてきた生え際白髪を染めるには

 

高いお金を払って美容院で白髪を染めても、すぐに生え際から白髪が伸びてきて目立ってしまうのは残念です。

 

もちろん、自宅で染めても同じように白髪が伸びて目立ってきますが、そのまま放置するのはみっともないと伸びた分だけ染めるのは、面倒だと感じるのではないでしょうか。

 

白髪染めは染料を髪の内部まで浸透させて色を入れる際、どうしても髪が傷んでしまいます。

 

間を置かないで再び染めれば、ダメージは相当なものとなるでしょう。

 

部分的に染めることができる簡単な白髪染めもありますが、きれいに染めることはなかなか難しいようです。

 

カラートリートメントで手軽にダメージなく染める

 

ダメージもなくきれいに染める方法はあるのでしょうか。

 

白髪染めの選び方によって、それは可能です。

 

まず、伸びてきた白髪は通常の白髪染めで染めないことです。

 

髪や頭皮にダメージを与えにくい、染料が髪の内部まで浸透しないものを選びましょう。

 

 

髪の表面にだけ色を付けるヘアマニキュアやカラートリートメントはお勧めです。

 

どちらも髪に良い成分が配合された商品も多く出回っており、染めることの髪や頭皮へのダメージは十分抑えられ、痛んだ部分を修復する効果のある商品もあります。

 

手軽さでいえばカラートリートメントが一番でしょう。

 

これはシャンプーのついでに素手で塗って放置するだけ、後は洗い流すだけでよく、毎日でも使えるので白髪を目立たせずケアすることが可能です。