リンスで白髪染め

安心して使える白髪染めのPHは4から8程度

白髪染めのPHを確認

 

スーパーやドラッグストアでたくさんの白髪染めが販売されています。

 

PH濃度は7が中性、7より数字が大きくなるとアルカリ性、小さくなると酸性です。

 

アルカリ性は染まりやすいという特徴と共に、キューティクルへのダメージが傷ついてしまうという面もあります。

 

せっかく染まっても、髪の潤いやツヤが失われてしまってはいけません。

 

本来の髪は4.5〜5.5ですから、7を中心としたPH4〜8あたりの白髪染めが髪の毛へのダメージが弱く、安心して使えるということになります。

 

安心して使える白髪染め

 

つい白髪染めを選ぶ際には、カラーや染まりやすさといったことばかりに重点を置いてしまいます。

 

しかし、継続的に使うものだからこそ、安全な商品を選びましょう。

 

PHは選ぶ基準になりますが、他にも、無添加や天然成分由来のものは髪の毛はもちろん、頭皮にもやさしいです。

 

パッケージを見るときは、裏側の成分表示まで目を通して、安全な商品かどうかをチェックしましょう。

 

つい安い商品を選んでしまい、髪の毛にダメージが残ってしまったのに、あまり染まらなかったということもよくあります。

 

少し高くても、きちんとした商品を選んだ方が、髪の毛にもお財布にも安心です。

 

店頭にサンプルを置いているものもありますが、返金保証をつけているなど、商品に自信のあるものを選ぶことも必要です。

 

刺激が少ない白髪染めは一回では染まらないこともありますが、継続することできれいに染まります。